漫画、小説、映画などの感想

漫画や小説など最近読んだ本、あるいは映像作品などの感想を書いております

エスパー魔美 藤子・F・不二雄大全集 1巻

1話25ページ前後で1つ1つの話のクオリティが、T・Pぼんに負けないぐらい高いと思います。
藤子・F・不二雄先生の作品の中でもかなり毛色が違いますね。女の子が主人公という点ではチンプイも同じですが、あちらはギャグ色が強いのに対し、エスパー魔美はストーリーに重点をおいている印象を受けます。困っている人を超能力で助けることによる登場人物の心境と状況の変化が丁寧に描かれているというだけでなく、1話目の最後の引きや、魔美が少しづつ能力を使いこなせるようになっていく描写などは、ストーリー漫画、つづきものならではですね。
1話完結の形をとりながらも、全体としてストーリーがある特撮やドラマなんかに多い作劇法ではないでしょうか。1巻に関してはそんな印象を受けました。おそらく従来の作品の読者層よりも上を狙っているからなのでしょう。

各話感想

それでは気になったエピソードをいくつかピックアップして感想を

エスパーはだれ?


前述のラストの引きが印象的でした。今後の展開に期待と不安を持たせるような終わり方は、藤子・F・不二雄先生のほかの作品では見られないものだと思います。

勉強もあるのダ


わざわざ書くほどのことでもないのですが、自尊心と食欲の狭間で揺れるコンポコがかわいかったです。食欲に負けて目をまわしながら食べ、その後自責の念の涙を流す一連の流れが好きです。こんなかわいくて笑えるシーンはなかなかないですね。

1千万円・3時間


最初読んだときはちょっと釈然としなかったエピソードです。長年マジメに働いてきたサラリーマンの中年男性がついつい魔が差して、会社から盗んだ1千万円を使い込んで自殺しようとします。魔美は自殺をとめるため1千万円を工面しようと奔走します。「名画(?)と鬼ババ」で登場したハザマ・ローンの社長さんに絵が売れて工面できたところで話は終わるわけですが、その後が描かれていません。
1千万円はおいそれと渡していい金額ではありませんし、いくら根っからの悪人ではないとはいえ、使ってしまったのは本人です。この男性がお金を魔美から受け取ったとして、分割払いでもいいから、返済したりとかしたのでしょうか。そもそも会社から盗んでから、使いきるまで4日間あったと言ってますし、引き返そうと思えばできたはずで同情できない設定でした。このような感想を抱く自分のような人間を想定して、お金が工面できたところでストーリーを終え、渡すところを描いてないのだと思います。

しかし、この話はこの展開でいいのだと思います。よくよく考えてみると、この漫画の読者層は10代ぐらいの子で、汚れた大人の自分みたいなのに向けられてるものではないんですね。やはり子供に向けて描く以上、ハッピーエンドの良心的なストーリーであるべきです。

ただいま誘拐中


印象的なシーンがありまして、魔美が誘拐犯に見つかってぶたれます。魔美は怯えてしまい、泣きながら許しをこいます。この描写はさすがだと思います。リアルな中学生の女の子って感じがしますね。あとがきによると

ごく、ふつうの女子中学生。顔も頭脳も十人並。ちょっと親切の度が過ぎて押しつけがましくなるのが欠点だが、世の中に背を向けてる人を、知らん顔で見すてることなど絶対できない。時には人間の心の暗闇にたじろぐこともある。手にあまる難題をかかえて、ベソをかくこともある。それでも、なお…。という主人公の気持ちを共感してもらえれば大成功というわけです

キャラクターに血が通っていると思いました。

魔女・魔美?


クラスメートの幸子さんに竹長くんと付き合うなといった脅迫状が送られてきます。脅迫文は幸子さんの行動をすみずみまで把握ししており気味の悪いものですが、魔美が送った犯人だと疑われてしまいます。魔美が皆から避けられる中、高畑さんだけが魔美を信じます。高畑さんは魔美の超能力を知る唯一の人物で、魔美ならば幸子さんの監視など容易であると知りながらもです。高畑さんの友情に魔美が涙するシーンがさりげなく描かれています。わざとらしく、ここで感動しろよ的な描き方をしないのがすばらしいですね。こういった演出が藤子・F・不二雄先生の作品の品格を高めていると思います。
高畑さんが解決に乗り出すのですが、まるで遊んでいるように見える描写はパーマンのパーやんのようですね。藤子キャラでスペックの高いキャラはパッと見、遊んでいるように見えても、事件解決に向けて着実に進んでいるのです(`・ω・´)キリッ
そしてインパクトが大きかったのが最後のコマ。犯人の予想はつきましたが、見せ方ひとつで読み手に強烈な印象を残すのだなと思いました。かなりゾッとしました。

わが友・コンポコ


コンポコと高畑さんががんばる話ですね。高畑さんはコンポコと仲良くしたいのですが、コンポコはそうじゃありません。でも、魔美がピンチのときは力を合わせる展開が最高ですね。
魔美の裸体を想像しているときに、本人に心をのぞかれてしまったときの高畑さんにはかなり同情しました。死にたくなるレベルの恥ずかしさでしょうね。

四畳半王国見聞録 森見登美彦

森見登美彦はとても好きな作家で、小説はほとんど読んでいますが、この作品はあまり楽しめませんでした。オムニバス形式の作品で、それぞれのお話が少しずつリンクしていますが、作者が何をしたかったのか、見えてきませんでした。
新釈走れメロス」に登場した芹名や芽野が再登場しましたが、そもそも「新釈走れメロス」を読んだのが何年も前のことだったので、どんなストーリーでどんなキャラだったのか忘れており、話に入っていけませんでした。メロスを読んでいない人には、楽しめないと思います。
四畳半神話大系」からの登場人物もいますが、やはり読んでいない人に向けて書いているわけではないので、森見ファン向けの作品ですね。再登場して、なにか興味深い展開になるわけでもなく、ストーリーよりディティールで笑わせようとしている印象を受けます。先の展開をきちんと考えず書いて、書いているうちに自分でも何を書いているのかわからなくなったんじゃないだろうかと勘ぐりたくなります。

もちろん楽しめたエピソードがないわけではなく、大日本凡人會はおもしろかったです。
この会はその才能ゆえに他者から理解されない、不遇の天才たちが集まって凡人を目指す会です。その能力を世のため人のため使わないという鉄則があるのですが、メンバーの一人である無名くんが、その方針に異を唱えます。天才たちと言っても、その能力はバカバカしいものばかりで、モザイクをあやつる、影のうすさ、数式を具現化する、マンドリン、地面をへこます能力などで、異能者と言ったほうがしっくりくるかもしれません。
メンバーの数学氏は「妄想的数学証明によって現実世界に物質を出現させる」能力で自身の恋人の存在を証明しようとしますが、無名くんの策略で別の女性を恋人と勘違いします。その女性と無名くんに諭され、大日本凡人會は有意義なことにその才覚を使おうかといったところで、話は終わります。
このエピソードで、数学氏が別の女性を自分の恋人と勘違いしているシーンは笑えました。

「我々は男女としてお付き合いしているのでしょうか?」
「えーと、お付き合いしていないのではないでしょうか?」
(中略)
「その理由というのはつまり、世界に掃いて捨てるほどいる男たちの中から、あなたを特別な一人として選び出す理由。この人であればきっと私を幸せにしてくれると確信とまではいかなくても仄かに予感できるような兆候。この人こそ私のヒーローだと嘘でもいいから信じさせてくれるような素敵なエピソード。あの茶山で出会って以来、私たちの関係にそんな要素がただの一つでもありました?あったのならば教えてください。少なくとも私には見つけられませんでした」

こっぴどい振られ方ですよね。

全体としてみるとよくわからない作品でしたが、最終話・四畳半王国開国史は胸にせまる一節があり、よくわからないうちになんだか感動させられてしまいました。

家の居間にシーツやソファを使って無人島を作っては弟たちと遊んだ日々。小さな居間が我々の想像一つで太平洋の孤島にも、月面にも、ジャングルの奥地にもなった。一人この地に辿りつき四畳半王国という世界を築き上げ、畳の上のロビンソンを気取るようになった今でも、あの日の楽しさをありありと思い出す。あの頃、世界はたいへんに小さく、それは内側に無限に広がっていた。世界の果ては家の中にもあり、庭にもあり、公園の片隅にもあった。今となっては霞んで見えるあの時代と、この四畳半はなんとに通っていることであろう。かつて中国では古代の王朝が理想の王国とされていた。余は家の今で毎日冒険していたあの頃を神話の時代のように思い出すのだ

子供の頃、ベッドのシーツを海に見立てて旅立つ妄想をしたことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。
「太陽の塔」や「ペンギン・ハイウェイ」なんかもそうですが森見作品はバカバカしいノリで物語が進むのに、ラスト近くでたたみこむように、胸にグッとくる展開に持って行ったりしますね。

落語 感想その1

最近はよく作業中のBGM代わりに落語を聞きます。一番好きな落語家は古今亭志ん朝。そこまでたくさんの落語家を聞いたわけではありませんが、評価の高い人を何人か聞いて個人的に一番聞きやすいなと思った落語家です。いくつか印象に残った演目をピックアップ。

高田馬場

ラストのどんでん返しが秀逸な話だと思います。実際に元禄7年にあった「高田馬場の決闘」を皮肉った演目らしいですね。
親の仇を探すためガマの油売りになった姉弟が、客の中から仇を見つけ出すのが、都合のよい展開に感じましたがオチで納得しました。

化け物使い

人使いの荒い吉田さんが化け物が出る屋敷に引っ越します。出てきた化け物をさんざんこき使う演目です。
こういう話のかなり好きです。このブログでよく話題にする藤子・F・不二雄先生は落語が好きな方ですが、藤子ワールドに通ずるものがあると思います。大家が下手な義太夫語りを店子に聴かせる「寝床」という一席なんかはジャイアンリサイタルですし。

柳田格之進


途中まではすごく面白いんですけど、最後が丸くおさまりすぎじゃないかと思いました。番頭の徳兵衛のせいで実の娘が吉原に身を沈めるのですから、父親にとっては自身が辱められるよりキツイのではないでしょうか。主従の情にほだされ討てないところまではわかりますが、その後以前より仲良くなって徳兵衛と娘が夫婦になる展開には?と思いました

お直し


廓噺(くるわばなし)というやつでしょうか。女郎の話は落語以外でふれる機会はあまりないので、興味深かったのですが、よく理解できませんでした。聞き終わってからネットで「お直し」の意味を調べて納得しました。お直しとは時間延長でロウソクに火を灯し直すことのようですね。

水屋の富


途中でオチは読めますし、そこまでおもしろいとは思わなかったのですが、現代に生きる我々にとって水は蛇口をひねれば出てくるもので、なくなるなんてことは想像すらしません。しかし、江戸時代の人々にとってはそうではなく、もっと切実なものでした。落語のおもしろいところのひとつに、昔の人の生活感や、当時にタイムスリップしたかのような、空気を感じられることですね。

T.Pぼん 第1巻 藤子・F・不二雄大全集

藤子・F・不二雄先生の作品の中でとくに凄みを感じるのがSF短編とモジャ公とこの「T.Pぼん」です。読みきり形式なのに1話1話のクオリティが相当高いというとんでもない漫画です。
この漫画は、様々な時代の様々な境遇の人々が登場する娯楽性の高い作品ですが、いまいち知名度が高くないのはなぜでしょう?
連載していた雑誌がマイナー雑誌で後半は不定期連載になったからでしょうか?
自分としては、子供の頃読んだときは気になりませんでしたが、今回、数年ぶりに大全集で読んでみるとタイムパトロール隊の設定の甘さが引っかかりました。
やはりタイムパトロールの仕事が「過去に行って、過去の人物を助ける」というのが倫理的にどうなのか?と思いました。歴史を変化させない人物を、選んで助けるわけですがそういう人物となると世の中に影響をあたるような仕事もせず、子孫を残さず一生を終える人、あるいは子孫を残しても、その子孫がまったく歴史にかかわらず、2~3代ぐらいで途絶える人でしょうか?
こう考えると切ないですね。しかも、タイムパトロール隊があまり有意義な仕事をしていないような印象を受けます。
また、タイムパトロール隊は一銭にもならない慈善事業をしているわりに、一話でぼんを消そうとします。自分たちの過失でぼんにタイムパトロールの秘密を知られたのに、あまりにも身勝手です。100歩ゆずって、消されるべきは失敗した隊員のリームのほうでは……ゲフンゲフン
タイムパトロール隊はおかしな組織なので、この作品を楽しむコツは、あまり深いことを考えず「過去の困っている人を助ける話」と割り切って読みましょう。そうして読めば、間違いなくF先生の作品の中でも上位に入るおもしろさだと思います。
それでは気になったエピソードをピックアップ。

消されてたまるか

第1話です。物語の導入がうまいですね。主人公ぼんが友人と遊んでいたら、あやまってマンションからベランダから突き落とし、殺してしまいます。嘆いていると時がさかのぼり、元通り友人は何事もなかったかのように生きています。ぼんはキツネにつままれたような気分になります。
まず、友人を殺してしまうのがインパクトありますよね。そして時がさかのぼることでどうしたことかと興味がそそられます。
話題はそれますが、物語の導入部分と言えば、以前友人と話題になったのですが、大長編ドラえもん「のび太の魔界大冒険」の導入も相当うまかったと思います。自分そっくりの石像を見つけるというミステリアスでホラーチックな冒頭は一気に引き込まれてしまいました。
ぼんがタイムパトロールの秘密を知ってしまったことで存在を消されそうになるのは、前述した通りです。

魔女狩り

中世ヨーロッパの名もない市井の人がメインで登場するお話ってあんまりないですよね。そもそも、中世ヨーロッパ自体、あまり物語の舞台になる機会が少ないと思います。あまり身近に感じられないからでしょうか?
日本の中世期ですと、時代劇などでありふれていますし、国産RPGの影響を受けたエセ中世ヨーロッパ風ファンタジーも世にありふれておりますが、中世ヨーロッパそのものですと、あまり記憶にありません。映画ならそこそこありますが、その場合でも誰でも知っている英雄が主人公であることが多いです。なのでこのお話は新鮮に感じました。
婚約者のいる森の女の子・セリーヌが横恋慕している男・フェルナンに陥れられます。セリーヌが魔女狩りで殺されてしまう運命を、ぼんたちが阻止するお話です。フェルナンはセリーヌが自分のものにならないことに腹を立て、嘘の証言をしセリーヌを魔女裁判にかけるのですが、この男の自分勝手で無教養な感じがいかにも中世って感じがしますね。こんな人、現代にもいますけども。
セリーヌがすんでいる小屋も地面にワラが落ちていたりして、生活感があっていいですね。森の動物たちと仲良しなところがスクエニのRPG、ロマンシングサガに登場するクローディアっていう女の子みたいでちょっとなつかしい気持ちになりました。

アドルフに告ぐ 手塚治虫

コンビニのワイド版で読了しました。手塚漫画はそこまでたくさん読んでいるわけではありませんが、手塚先生の作品の中でも、かなりうまくまとまった傑作だと思います。

あとがきでページ数の都合上、イスラエルを舞台が変わってからの話はかなりかけ足だった旨が語られていますが、エピローグだと思って読んだのであまり気になりませんでした。

そのあとがきに具体的にどう話が進んでいくか書いてあり、それを読んでしまうと、当初の予定どおり描いてほしかったな、とは思いますが、峠草平とランプの決着ぐらいしかモヤモヤは残りませんでした。

いったいこの漫画の主人公は誰なのかな、と思います。

自分は狂言回しだと言う峠草平が、一番しっくりくるような気がしますが、アドルフ・カウフマンの描写もかなり多いです。対照的にアドルフ・カミルは思ったほど多くはなかったですね。

物語を読むとき感情移入できるかどうかは重要なファクターですが、峠は序盤で弟と関わりがあった、ドイツ人の女性を無理やりといった感じで犯し、女は自殺します。そのエピソードがあったせいか、、峠は好漢っぽく描かれていますが、そこまで感情移入はできませんでした。女はゲシュタポであるランプの娘だったので、ここでランプと峠の因縁ができるのですが、それでもいらないエピソードのような気がしました。

カウフマンは論外として、カミルは感情移入しやすい善良な人物として描かれますが、イスラエルでは残酷なテロリストになっています。

たぶんこの物語は特定の人物に感情移入して読むタイプの物語ではなく、一歩下がって達観したような感覚で読むのが正解なのでしょう。

作品のテーマとしてまず感じたのは戦争は人を変えるということです。このテーマはカウフマンによって、多く描写されていますね。

気が弱くやさしいカウフマンが、親友の父を殺し、ユダヤ人を虐殺し、親友の婚約者をレイプするような冷酷な人物になっていくさまが描かれます。

カウフマンは、環境によって考え方が変わる普通の人ですね。読んでいるとかなりの小人のようにも感じますが、たぶん普通の人なんだと思います。
正義とは何かというのもテーマになっています。作中では戦争をするお題目のように語られます。カウフマンはこう言います。

おれの人生はなんだったんだろう

あちこちの国で正義というやつにつきあって

そして何もかも失った…肉親も…友情も…おれ自身まで…

おれはおろかな人間なんだ

だが おろかな人間がゴマンといるから

国は正義をふりかざせるんだろうな

正義とはじつに虚しい響きです。

この物語の最後は二人のアドルフが殺し合い、アドルフ・カウフマンが死にます。そしてアドルフ・カミルはパレスチナの軍人としての人生を終え、除隊した直後にテロによって死にます。じつにむなしいラストでした。テロなんかは連載当時より、現代のほうが深刻に感じるかもしれませんね。

憎しみの連鎖はどこかで断ち切らねばならない。

それがこの作品最大のテーマなのかもしれません。