漫画、小説、映画などの感想

漫画や小説など最近読んだ本、あるいは映像作品などの感想を書いております

エスパー魔美 藤子・F・不二雄大全集 1巻

1話25ページ前後で1つ1つの話のクオリティが、T・Pぼんに負けないぐらい高いと思います。
藤子・F・不二雄先生の作品の中でもかなり毛色が違いますね。女の子が主人公という点ではチンプイも同じですが、あちらはギャグ色が強いのに対し、エスパー魔美はストーリーに重点をおいている印象を受けます。困っている人を超能力で助けることによる登場人物の心境と状況の変化が丁寧に描かれているというだけでなく、1話目の最後の引きや、魔美が少しづつ能力を使いこなせるようになっていく描写などは、ストーリー漫画、つづきものならではですね。
1話完結の形をとりながらも、全体としてストーリーがある特撮やドラマなんかに多い作劇法ではないでしょうか。1巻に関してはそんな印象を受けました。おそらく従来の作品の読者層よりも上を狙っているからなのでしょう。

各話感想

それでは気になったエピソードをいくつかピックアップして感想を

エスパーはだれ?


前述のラストの引きが印象的でした。今後の展開に期待と不安を持たせるような終わり方は、藤子・F・不二雄先生のほかの作品では見られないものだと思います。

勉強もあるのダ


わざわざ書くほどのことでもないのですが、自尊心と食欲の狭間で揺れるコンポコがかわいかったです。食欲に負けて目をまわしながら食べ、その後自責の念の涙を流す一連の流れが好きです。こんなかわいくて笑えるシーンはなかなかないですね。

1千万円・3時間


最初読んだときはちょっと釈然としなかったエピソードです。長年マジメに働いてきたサラリーマンの中年男性がついつい魔が差して、会社から盗んだ1千万円を使い込んで自殺しようとします。魔美は自殺をとめるため1千万円を工面しようと奔走します。「名画(?)と鬼ババ」で登場したハザマ・ローンの社長さんに絵が売れて工面できたところで話は終わるわけですが、その後が描かれていません。
1千万円はおいそれと渡していい金額ではありませんし、いくら根っからの悪人ではないとはいえ、使ってしまったのは本人です。この男性がお金を魔美から受け取ったとして、分割払いでもいいから、返済したりとかしたのでしょうか。そもそも会社から盗んでから、使いきるまで4日間あったと言ってますし、引き返そうと思えばできたはずで同情できない設定でした。このような感想を抱く自分のような人間を想定して、お金が工面できたところでストーリーを終え、渡すところを描いてないのだと思います。

しかし、この話はこの展開でいいのだと思います。よくよく考えてみると、この漫画の読者層は10代ぐらいの子で、汚れた大人の自分みたいなのに向けられてるものではないんですね。やはり子供に向けて描く以上、ハッピーエンドの良心的なストーリーであるべきです。

ただいま誘拐中


印象的なシーンがありまして、魔美が誘拐犯に見つかってぶたれます。魔美は怯えてしまい、泣きながら許しをこいます。この描写はさすがだと思います。リアルな中学生の女の子って感じがしますね。あとがきによると

ごく、ふつうの女子中学生。顔も頭脳も十人並。ちょっと親切の度が過ぎて押しつけがましくなるのが欠点だが、世の中に背を向けてる人を、知らん顔で見すてることなど絶対できない。時には人間の心の暗闇にたじろぐこともある。手にあまる難題をかかえて、ベソをかくこともある。それでも、なお…。という主人公の気持ちを共感してもらえれば大成功というわけです

キャラクターに血が通っていると思いました。

魔女・魔美?


クラスメートの幸子さんに竹長くんと付き合うなといった脅迫状が送られてきます。脅迫文は幸子さんの行動をすみずみまで把握ししており気味の悪いものですが、魔美が送った犯人だと疑われてしまいます。魔美が皆から避けられる中、高畑さんだけが魔美を信じます。高畑さんは魔美の超能力を知る唯一の人物で、魔美ならば幸子さんの監視など容易であると知りながらもです。高畑さんの友情に魔美が涙するシーンがさりげなく描かれています。わざとらしく、ここで感動しろよ的な描き方をしないのがすばらしいですね。こういった演出が藤子・F・不二雄先生の作品の品格を高めていると思います。
高畑さんが解決に乗り出すのですが、まるで遊んでいるように見える描写はパーマンのパーやんのようですね。藤子キャラでスペックの高いキャラはパッと見、遊んでいるように見えても、事件解決に向けて着実に進んでいるのです(`・ω・´)キリッ
そしてインパクトが大きかったのが最後のコマ。犯人の予想はつきましたが、見せ方ひとつで読み手に強烈な印象を残すのだなと思いました。かなりゾッとしました。

わが友・コンポコ


コンポコと高畑さんががんばる話ですね。高畑さんはコンポコと仲良くしたいのですが、コンポコはそうじゃありません。でも、魔美がピンチのときは力を合わせる展開が最高ですね。
魔美の裸体を想像しているときに、本人に心をのぞかれてしまったときの高畑さんにはかなり同情しました。死にたくなるレベルの恥ずかしさでしょうね。