読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画、小説、映画などの感想

漫画や小説など最近読んだ本、あるいは映像作品などの感想を書いております

キングコング 髑髏島の巨神 感想

キングコングをレイトショーで観てきました。怪獣映画はここ数年ですと「2014年版GODZILLA (ゴジラ)」と「シン・ゴジラ」を見ていますが、個人的にはこの2作品よりおもしろいと感じました。
第二次世界大戦のときに髑髏島に墜落してしまったマーロウが日本兵のイカリと戦っている最中にいきなりコングが登場します。開始数分の話です。
そこから舞台は1973年に変わり、髑髏島に到着するまでは少々退屈ですが、到着してからは中だるみすることなく、一気に最後まで楽しめました。
軍人が髑髏島を攻撃する姿や、サミュエル・L・ジャクソン演じるパッカードが復讐にとりつかれる姿がじつに禍々しく、コングにとても感情移入して観ることができましたね。

ゴジラの洗練されたフォルムと違い、コングはとても無骨な感じがしますが、それも感情移入しやすい要因だと思います。

ひとつだけ難を言えば、ヘリから飛ばされた軍人が、コングの口の中に落ちるシーン入らないような気がしました。
口の中に落ちた直後に画面が変わり、別行動している人物が食事しているシーンになって食べられたことが暗喩されるのですが、ヒーローが人食べたらいけませんよね…
それ以外はアクションシーンも大迫力ですし、髑髏島のサバイバルもドキドキします。
マーロウが日本人のイカリともともと敵同士だったのに、髑髏島で友情を育んでいたエピソードなんかもジーンときましたね。もともと敵同士だった国が、ゴジラとかキングコングをいっしょに作っているいまの状況を反映しているような気がしました。