読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画、小説、映画などの感想

漫画や小説など最近読んだ本、あるいは映像作品などの感想を書いております

シン・ゴジラ

遅ればせながらようやく観てきましたよ、シン・ゴジラ。月曜日は映画が安い日ということで、公開初日からけっこう日が過ぎてると思うんですが、満席まではいかないものの、席が9割ぐらいうまってたと思います。

脚本も映像もかなりよかったですね。

映像に関しては樋口真嗣が特技監督をしてるので、自分の中のハードルはだいぶ上がっていたのですが、期待以上のものを見せてもらったと思います。大迫力でした。
余談ですが、この人の作ったガメラ3の映像はスゴかった。当時、京都に住んでいたのですが、本物の京都駅が本物のガメラに破壊されてるような気がしました。

画面のカット割りなんかも印象に残っています。庵野監督の仕事なんですかね?
ゴジラが画面の中心にいるシーンは、構図が絵画のようにバシっと決まってることが多く、かっこよかったです。

いままでのゴジラにはない生体描写も多々ありましたね。
形態進化するという設定、初期形態のグロさ、背びれからビームを出したり、口から熱線をだすとき下顎が割れたりするのはするのは賛否あるでしょうが、自分はよかったと思います。

一番すごいと思ったシーンは東京が壊滅するシーンです。エヴァンゲリオンを彷彿とさせますが、実に終末的で破滅の美学のようなものを感じました。

脚本に関してはすごく丁寧に作られてるといった印象を受けました。友人がパトレイバー2みたいだと言っていましたが、それもわかるような気がします。リアルシュミレーション的な作劇がそう言った印象を与えるんではないでしょうか。
実際に巨大で生物が東京に上陸したら、政治家はどう動くのか、日本はどう混乱するのかといったシュミレーションですよね。パンフレットをみると脚本の庵野監督が関係者にかなり取材したと書いてありました。
自分の中で庵野監督のイメージは、エヴァンゲリオンの印象が強く、途中でストーリーをほっぽり投げちゃう人、むちゃくちゃやる人って感じだったんですけど、すごく良心的な物語を作っていると思いました。

広島、長崎に続く第三の原爆投下を許してはいけない。そのために奔走する主人公たちのすがたは、日本のみならず世界中の人に見てもらいたいです。 

あと、印象的だったのは石原さとみ演ずる米国大統領特使ですね。英語がうまいのかどうかはよくわからないのですが、様になってると思いました。テンションも高くて存在感抜群でしたね。世間的には低評価らしいですが、彼女の演技が物語にメリハリをつけてくれたような気がします。

エスパー魔美 藤子・F・不二雄大全集 2巻

1巻の感想に引き続き2巻の感想です。1巻とくらべると全体的にギャグ色が強いような印象をうけました。それではいつものように気になったエピソードをいくつか紹介していきます。

黒い手

かなり重い話です。交通事故で子供を失った父親が加害者の青年を殺そうとするお話です。加害者の青年は刑期を終え社会復帰していますが、反省の色はありません。罪に対する量刑の軽さなどについて作中で触れられます。
復讐するために青年のもとに向かう父親の取り憑かれたような描写はSF短編集の「四畳半SL旅行」に登場する主人公の少年を思い出しました。魔美と高畑くんの機転で復讐は失敗に終わりますが、なんとも苦いエピソードでした。

うそ×うそ=?

ギャグ回です。魔美が母親のマフラーを超能力で動かしたことで、世の中にカマイタチ騒動がおころます。世間がカマイタチの話題で持ちきりになっている描写が面白かったですね。どうやら、ドラえもんたちも魔美と同じ町内に住んでいるらしく、スネ夫がのび太たちにカマイタチを見たと熱弁していたり、夫婦喧嘩で「カマイタチに月給とられた」なんてやりとりもあります。
最終的に交響組曲の「キージェ中尉」からヒントを得て、魔美が騒動を終わらせるのですが、藤子・F・不二雄先生ご本人もキージェ中尉から着想を得てこのエピソードを作ったのかもしれませんね。

電話魔はだれ?

魔美の家に「お前の家は呪われている……」とシャレにならないイタ電がくるようになりました。
犯人はお隣に住むクレーマーの陰木さんです。陰木さんには息子がいたのですが、ヤクザになってしまい、心が歪んでしまったようです。心を入れ替えた息子が、刑務所から帰ってくることで陰木さんの心が晴れ、イタ電がやむだろうといったところで物語は終わります。直接、佐倉家に謝罪の言葉がなくても陰木さんの口から、イタ電の後悔や懺悔の言葉が聞きたかったです。

エスパークリスマス

貧乏な兄妹のために魔美がサンタになってあげる話です。とてもいい話でした。サンタの格好をしていっしょに遊んだだけで、超能力などは使っていないのですがそれがよかったです。兄妹の飲んだくれの父は、魔美の姿に心を打たれ改心します。父親の心境の変化をもう数コマ使って描写してほしかったなぁとは思いましたが、傑作エピソードのひとつではないでしょうか。妹のチコちゃんが無邪気でとてもかわいかったです。兄のほうの妹をかわいがりつつも、父を憎悪している感じがさりげなく描かれているのもうまいなと思いました。

妹さえいればいい 5巻

今回は最初から最後まで白川京の話でしたね。恒例の冒頭キ○ガイ小説も健在でしたが、内容はいつもより控えめでした。クロニカクロニクルは話題には出ましたがプレイはしていませんでした。
白川京が出版社でバイトするのですが、那由多から原稿を取ってきたり、三国山蚕の親子関係を良化したりと大活躍。
もうこの娘が主人公でいいんじゃないかというレベルです。
蚕が漫画家をやることに反対している、彼女の父親に対して京のセリフ

そ、それでも、一人の人間が人生を懸けて進もうと決めた道なんです!自分が本当にやりたいことを見つけられるのって、すごいことだと思うんです。そして実際にその道を進むのって、すごく勇気がいることだと思うんです。親だからって、それを否定する権利なんてないと思います、絶対!

ジーンと来ました。その後の展開は完全にギャグでしたが、緊張と緩和のバランスが絶妙だと思いました。
それにしても京はすごくいい娘ですね。周りが目的をもって人生を歩む作家ばかりなのに対し、自分は何もないと引け目を感じているのですが、人のために泣いたり、怒ったりできるという、才能よりもはるかに大事なものを持っています。魅力的なので不破くんが惚れてしまうのも無理ないです。
伊月と那由多はくっつくんだろうなと思って読んでいるので、2人の恋の行方にはそこまで興味は惹かれないのですが、不破くんと京は気になります。不破くんも作家ですが、伊月や那由多のように天才タイプではないので、応援したくなります。

……天才なんかに負けてたまるかよ、凡人の意地を見せてやる、ってさ…

非才なる我が身としましては、伊月のより不破くんのほうが感情移入しやすいです。女性キャラも那由多が非凡すぎて、京のほうが魅力的に見えますね。この巻で不破くんが京に告白し、京は伊月に告白するのですが、不破くんと京がくっついてほしいなぁと思いながら、読了しました。

ジュラシック・ワールド 感想

映画

このブログではじめて映画をとりあげます。学生の頃はかなり映画が好きで、映画をみることが習慣のようになっていましたが、最近はあまり観ませんね。興味を失ってしまったわけではないのですが、まぁオッサンになったってことですかね。
今回、感想を書くのはTSUTAYAで準新作になっていたのでジュラシック・ワールドです。
かなりヒットしたらしいですね。当時の興行収入が歴代3位で、現在はフォースの覚醒に抜かれて4位のようです。さすがヒット作だけあって最初から最後まで楽しめるいい映画でした。
個人的にジュラシック・パークは1が名作で2が駄作。3が凡作だと思っています。このジュラシック・ワールドはジュラシック・パーク1に匹敵するおもしろさだったと思います。随所に1へのオマージュが散りばめてあり、この世界で20年前のジュラシック・パークは実際におきた事件として扱われております。世界観の共有の仕方は日本のゴジラシリーズに近い印象を受けました。

主人公のオーウェンは元軍人でラプトルの調教を担当しています。恐竜を展示物扱いしたり、管理しきれると思っている人間のおごりに対して否定的な好漢です。
この手の作品の王道を行く主人公ですね。娯楽作品はわかりやすすぎるぐらいでちょうどいいと思います。
ヒロインはジュラシック・ワールドの運営管理を任されているクレアです。恐竜を展示品扱いしたり、はじめはじつにイヤな女性でしたが、オーウェンと行動しているうちに人間が変わっていきます。物語中盤以降はコメディーリリーフ的な役割もします。魅力的な人物でしたが、立場はジュラシック・ワールドの管理責任者ですからね。この人のその後を想像すると、かなりやばそうです。
クレアの甥でザックとグレイという兄弟がおり、この二人がジュラシック・ワールドに遊びに行くところから、物語がはじまります。
兄弟が園内のアトラクションを観てまわるのですが、とくに印象的なのは海洋恐竜のモササウルスがホオジロザメを捕食するシーンです。CMでも流れていた有名なシーンだけあってすごい迫力でした。映画館に観に行けばよかったと思いました。ホオジロザメといえばジョーズなどでおなじみのリアルモンスターですが、モササウルスから見れば小魚同然ですね。少年漫画で主人公が苦労して倒した敵が、新しく登場したさらに強大な的に瞬殺されるシーンを見るような感覚でした。調べてみると実際のモササウルスよりも大きく描かれているようですが、忠実な再現がウリの映画ではありませんし、より大きく恐ろしく描くことはいいことだと思います。
サファリパークのように車を運転して園内をまわるシーンでは兄のザックが園内の警報を無視して、いらんアクシデントに巻き込まれるのですが、両親の離婚でしょげる恐竜好きな弟を気づかってのものなので、そこまで不快感を感じませんでした。

今回、最大の脅威となるのはインドミナス・レックスという遺伝子操作によって作られた肉食恐竜です。高い身体能力だけでなく、脱走したと見せかけてその機会をねらったり、自身に埋め込まれた発信機をえぐり取り囮にするなど、高い知能を持っています。インドミナスの脱走を公にしたくない管理者側のエゴで緊急警報が遅れ、兄弟がその脅威に晒されるなどストーリーの中核を担うもう一人(?)の主人公ですね。
そのインドミナスをオーウェンの調教したラプトルで追撃する展開は、かなり熱いものがありました。かつてジュラシック・パークで敵だったラプトルとの共闘ですから、テンションが上がります。しかし、そんな燃える展開もつかの間。インドミナスにはラプトルのDNAも使われており、ラプトルはあっさりと敵の軍門に降ります。事態が一転も二転もする展開で、まったく飽きさせないのがすばらしいですね。じつにハリウッド映画らしいと思います。
ラスト近くでラプトルがオーウェンのもとに戻りますが、前もって伏線があるわけでもなく、少々説得力に欠けます。しかし、物語のテンポというか、勢いでなんとなく納得させられてしまうのもまた事実ですし、許容範囲でしょう。

終始おもしろい、観る価値のある映画だと思います。

エスパー魔美 藤子・F・不二雄大全集 1巻

藤子・F・不二雄 漫画

1話25ページ前後で1つ1つの話のクオリティが、T・Pぼんに負けないぐらい高いと思います。
藤子・F・不二雄先生の作品の中でもかなり毛色が違いますね。女の子が主人公という点ではチンプイも同じですが、あちらはギャグ色が強いのに対し、エスパー魔美はストーリーに重点をおいている印象を受けます。困っている人を超能力で助けることによる登場人物の心境と状況の変化が丁寧に描かれているというだけでなく、1話目の最後の引きや、魔美が少しづつ能力を使いこなせるようになっていく描写などは、ストーリー漫画、つづきものならではですね。
1話完結の形をとりながらも、全体としてストーリーがある特撮やドラマなんかに多い作劇法ではないでしょうか。1巻に関してはそんな印象を受けました。おそらく従来の作品の読者層よりも上を狙っているからなのでしょう。

各話感想

それでは気になったエピソードをいくつかピックアップして感想を

エスパーはだれ?


前述のラストの引きが印象的でした。今後の展開に期待と不安を持たせるような終わり方は、藤子・F・不二雄先生のほかの作品では見られないものだと思います。

勉強もあるのダ


わざわざ書くほどのことでもないのですが、自尊心と食欲の狭間で揺れるコンポコがかわいかったです。食欲に負けて目をまわしながら食べ、その後自責の念の涙を流す一連の流れが好きです。こんなかわいくて笑えるシーンはなかなかないですね。

1千万円・3時間


最初読んだときはちょっと釈然としなかったエピソードです。長年マジメに働いてきたサラリーマンの中年男性がついつい魔が差して、会社から盗んだ1千万円を使い込んで自殺しようとします。魔美は自殺をとめるため1千万円を工面しようと奔走します。「名画(?)と鬼ババ」で登場したハザマ・ローンの社長さんに絵が売れて工面できたところで話は終わるわけですが、その後が描かれていません。
1千万円はおいそれと渡していい金額ではありませんし、いくら根っからの悪人ではないとはいえ、使ってしまったのは本人です。この男性がお金を魔美から受け取ったとして、分割払いでもいいから、返済したりとかしたのでしょうか。そもそも会社から盗んでから、使いきるまで4日間あったと言ってますし、引き返そうと思えばできたはずで同情できない設定でした。このような感想を抱く自分のような人間を想定して、お金が工面できたところでストーリーを終え、渡すところを描いてないのだと思います。

しかし、この話はこの展開でいいのだと思います。よくよく考えてみると、この漫画の読者層は10代ぐらいの子で、汚れた大人の自分みたいなのに向けられてるものではないんですね。やはり子供に向けて描く以上、ハッピーエンドの良心的なストーリーであるべきです。

ただいま誘拐中


印象的なシーンがありまして、魔美が誘拐犯に見つかってぶたれます。魔美は怯えてしまい、泣きながら許しをこいます。この描写はさすがだと思います。リアルな中学生の女の子って感じがしますね。あとがきによると

ごく、ふつうの女子中学生。顔も頭脳も十人並。ちょっと親切の度が過ぎて押しつけがましくなるのが欠点だが、世の中に背を向けてる人を、知らん顔で見すてることなど絶対できない。時には人間の心の暗闇にたじろぐこともある。手にあまる難題をかかえて、ベソをかくこともある。それでも、なお…。という主人公の気持ちを共感してもらえれば大成功というわけです

キャラクターに血が通っていると思いました。

魔女・魔美?


クラスメートの幸子さんに竹長くんと付き合うなといった脅迫状が送られてきます。脅迫文は幸子さんの行動をすみずみまで把握ししており気味の悪いものですが、魔美が送った犯人だと疑われてしまいます。魔美が皆から避けられる中、高畑さんだけが魔美を信じます。高畑さんは魔美の超能力を知る唯一の人物で、魔美ならば幸子さんの監視など容易であると知りながらもです。高畑さんの友情に魔美が涙するシーンがさりげなく描かれています。わざとらしく、ここで感動しろよ的な描き方をしないのがすばらしいですね。こういった演出が藤子・F・不二雄先生の作品の品格を高めていると思います。
高畑さんが解決に乗り出すのですが、まるで遊んでいるように見える描写はパーマンのパーやんのようですね。藤子キャラでスペックの高いキャラはパッと見、遊んでいるように見えても、事件解決に向けて着実に進んでいるのです(`・ω・´)キリッ
そしてインパクトが大きかったのが最後のコマ。犯人の予想はつきましたが、見せ方ひとつで読み手に強烈な印象を残すのだなと思いました。かなりゾッとしました。

わが友・コンポコ


コンポコと高畑さんががんばる話ですね。高畑さんはコンポコと仲良くしたいのですが、コンポコはそうじゃありません。でも、魔美がピンチのときは力を合わせる展開が最高ですね。
魔美の裸体を想像しているときに、本人に心をのぞかれてしまったときの高畑さんにはかなり同情しました。死にたくなるレベルの恥ずかしさでしょうね。